HOME>特集>どれぐらいの費用がかかるのか調べておいた方が良い

初期費用は安い

握手

会社を経営している人は、どこのテナントを借りるか迷うかもしれません。もし、短期間だけ借りたい場合や一時的に事務所を借りたい場合には賃貸オフィスを利用すると良いでしょう。賃貸オフィスは、初期費用が安い店に大きな魅力があります。通常のテナント等と異なり、初期費用は毎月の賃料の2倍程度しかありません。ただ、賃貸オフィスの種類によって変わるため詳しくはその賃貸オフィスを扱っている不動産会社に相談をすると良いでしょう。

途中で解約しても費用はかからない

空き部屋

賃貸オフィスを利用する場合、途中で解約をする人も少なくないでしょう。数年間使い続ける人もいるかもしれませんが、わずか半年から3ヶ月程度で事務所を移転する人がいます。この場合には、途中で解約をすることになるかもしれませんが、通常のテナントを借りる場合に比べると解約料金等が設定されていないケースもあります。ただ、規約等に反する場合には解約料金が発生すると考えておきましょう。

敷金や礼金等は無い

テナントを借りる場合は、初期費用として敷金や礼金等を支払わなければいけません。これが、会社経営者にとって大きな負担になります。敷金といっても、戻るかもしれませんが戻らないケースがほとんどです。ですが、賃貸オフィスの場合は敷金や礼金等が存在しないことが多いです。

オプションで支払うことも

賃貸オフィスの魅力は、最初から設備や備品等が備え付けられていることです。ただ賃貸オフィスによっては、利用できるものとできないものがあり、無料で利用できるものはそのまま使っても良いですが、オプションで有料になっているものもあります。後でオプションだと気がついて嫌々余分にお金を支払うよりも、事前に何かオプションなのかを確認しておくと良いかもしれません。

広告募集中