HOME>イチオシ情報>オフィスの選び方とその特徴を確認しておく

どのように選んだらよいか

間取り図

近年は、賃貸オフィスが日本中に増えています。特に東京や大阪の首都圏では、賃貸オフィスが急増していると言えるでしょう。借りる立場からでは、選択の余地が増えます。選び方のポイントがあるとすれば、どのような理由でオフィスを借りるかです。例えば、これから会社を立ち上げようとしている場合や既に会社を立ち上げた場合には、どの程度の規模を拡大するのかによって、借りる面積や場所等が決まってくるでしょう。賃貸オフィスを借りる人は、会社の立ち上げをする人や、規模を拡大しようとする人ばかりではありません。たまたま今まであったオフィスのビルを取り壊しする場合、一時的にそこを出なければいけないこともあります。仮住まいとして、賃貸オフィスを借りるケースなどもあります。

サイズを拡大することも可能

賃貸オフィスの特徴の1つは、比較的フレキシブルにオフィスを渡できることです。通常のテナントの場合には、規模を拡大しようと考えてもなかなか難しいでしょう。しかし賃貸オフィスは、パーテーション等で仕切られているところであれば、働く人の人数が増えた場合パーテーションの位置をずらして拡大することも可能です。もし、これから規模を拡大しようと考えているベンチャービジネスなどは、事前に拡大できるかを確認しておいた方が良いかもしれません。

様々な部屋のタイプがある

一般的な賃貸オフィスの特徴は、様々な部屋のタイプがあることです。一般的には、50平米位あるオフィスをレンタルすることになりますが、賃貸オフィスを借りたい人の多くは、比較的小さな会社です。この場合、あまり大きな所を借りても空間の無駄遣いになってしまいます。そこで、賃貸オフィスの側でも少人数で借りることができるような小さな部屋なども用意されています。人数が5人未満あるいは10人未満の場合でも対応できるような仕組みを整えているわけです。

広告募集中